この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

会社の名前を背負って働く

元気に挨拶をすること

誰にでも、会ったらあいさつをする習慣を身に付けさせてください。
元気にあいさつをすれば、印象が良くなります。
すれ違っても無言だったり、あいさつをしても元気がないと不審に思われます。
社会人になれば、第一印象が大事だと新入社員に教育してください。
第一印象が悪いと、それから印象を良くするのは非常に難しいです。

最初はあいさつをすることが、恥ずかしいと感じるかもしれません。
しかし先輩はお手本となって元気にあいさつをしていれば、新入社員もできるようになります。
道ですれ違った時などは、笑顔で会釈するだけでも良いでしょう。
その時によって、あいさつの方法を使い分けるのもおすすめです。
働く人に印象が良くなると、会社の印象も良くなります。

敬語を使えるようになる

学生の頃は、正しい敬語を使わなくても特にトラブルは起こらなかったでしょう。
ですが社会人になると、取引先や目上の人と話す際は絶対に敬語を使わなければいけません。
馴れ馴れしく話しかけると、失礼だと思われます。
敬語を正しく使えるよう、新入社員に教育してください。
敬語は勉強しなければ、使えるようになりません。

また早めに敬語を教えないと、間違った敬語や言葉遣いが身体に染みついてしまいます。
その状態から正しい敬語を学んでも、なかなか身に付きません。
新入社員を採用したら、すぐ敬語を覚えさせてください。
正しい敬語が使えないと、困るのは自分だと学ばせましょう。
礼儀正しくなれば、どこに出しても恥ずかしくありません。